英語を話すためにはどのような勉強が効果的か

知りたい!英語の効果的な勉強法

>

英語に自分を慣らしていくには…?

日常で出来ること

日常で英語を使う機会は、あまり私たちの生活ではないかもしれませんが、心がけ次第で、自分で作り出すことが出来ます。
普段家の中で生活したり、会社に通勤したり、または学校に通学しているときなども、目につくものの単語を英語で考えてみる、というものです。
心の中でふと感じたことを英語に直してみたりするのも効果的です。

もし、自分ひとりや安心できる方と一緒にいるときには、「今、英語勉強しているから…」と断って、色々言葉に出して言うこともいいでしょう。
そんな時に知りたくなるのが、英語のフレーズです。英語には英語独特の言い回しがあります。本や文章の中で学んでいくこともできますが、日常生活での言い回しについては、映画やドラマを見ることが良いようです。

その学び方については次に見ていくことにしましょう。

少し力が付いたら…

英語の勉強の仕方のひとつに「シャドーイング」というものがあるそうです。
それは、英語を聞いた後に、それを真似して言ってみるという方法です。

実際、英語で話すのには、ある程度言いなれていることが必要です。よく使われるフレーズなどを、CDなどで聞いて、自分で慣れるまで言ってみて覚えることが出来るようになると、実際の会話でも自然に口から出てくるようになります。

日常生活の中で話される会話を勉強するには、映画やドラマの英語が役に立ちます。
楽しんで見れますし、現在では、DVDで英語の字幕を選択することが出来ます。内容を一度日本語で見た後に、もう一度英語の字幕で見るようにすると、「こういう時にはこうやって言うのか!」と感動をもって学ぶことが出来ます。


この記事をシェアする