英語を話すためにはどのような勉強が効果的か

知りたい!英語の効果的な勉強法

>

文法の勉強は必要?

文法は必要

もし、本当に英語を話せるようにする必要があるならば、ある程度文法の学習も必要なようです。
単語を知っていれば、ある程度は自分の思っていることを相手に伝えることが出来るかもしれませんが、そうなると、かなりたどたどしい英語となりますよね。

普通に人と会話するときには、ある程度文章を組み立てる必要があるようです。
そこまで、難しい文法ではなくても、簡単な英文法は知っていたほうが良いそうです。

中学校で学ぶ英文法は、基礎的な部分を押さえていることが多いので、簡単な中学の文法書などを購入して、読んでみるのも一つの手です。
私たちが学生だった時に、英語の学習で学んだように、文法をひとつ学んだら、それをすらすらと口から出せるようになるまで、自分で練習することも大切です。

おすすめの勉強法

自分で、本や参考書などで、文法を学ぶことも大切ですが、最近ではYouTubeなどで、英語の文法を解説するものが閲覧できるようです。
やはりおすすめなのが、自分の興味のある簡単な英語の文章から文法も学ぶことです。例えば、子供用の本で「ピーターラビット」の英語の本を買ってきて読んでみて、分からないところがあれば、インターネットで調べてみて読んでみるといった方法も地道で効果的です。現在は洋書もネットなどを通じて簡単に手に入るようになりました。

少し、力がついてきたら、YouTubeなどでは、英語で英語の文法を解説するビデオもあるそうですので、リスニング能力の勉強も兼ねて、そういったものもおすすめだそうです。インターネットでは、日本のニュースを英語で解説している「Japan news」なども、おすすめです。日本の時事を英語で学ぶことができ、また違った視線からニュースを見ることもできます。


この記事をシェアする