英語を話すためにはどのような勉強が効果的か

知りたい!英語の効果的な勉強法

英語の勉強で必要な基礎

それでは、英単語を覚えるとして、みなさんどうやって学習されているのでしょうか?学生の頃は、教科書に出てきた単語を単語帳にまとめて、それを暗記していったりしたと思うのですが、その方法は今でも効果的だそうです。 ここでは、英単語の学び方について見てみましょう。

英単語を勉強しよう

今は英語学習の教材や、アプリ、英会話教室…など、英語を学習する機会はたくさんあるように思われます。
しかし、どれも、お金がかかるんじゃないかと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ここでは、なるべくお金をかけずに地道に勉強していく効果的な方法について調べてみました。

英語を学ぼうと思って、オンラインの英会話教室などを始めてみても良いのですが、自分のうちに知っている英語の知識がないと、思ったことをつたえられませんよね?
英語の学習にはいわゆる「インプット」と「アウトプット」のバランスがとても重要だそうです。

「インプット」と言われるのは、英単語を覚えたり、文法を覚えたり、英語の簡単なフレーズを暗記したりと自分の中に英語の知識を取り込んでいくことです。
反対に「アウトプット」とは、自分の中に蓄積してきた知識を生かして外に出す、つまり使ってみることだそうです。

この二つのバランスと繰り返しによって、英語を話したり読んだり書いたりする能力は自然に上がっていくのだそうです。

良く聞かれる話ですが、子供が言葉を覚えるのにも似ていますよね?
初めは「まんま…」とか本当に少なかった言葉の数が、自然に周りのものの単語が言えるようになって、また周りの人の言葉や会話を聞いていくうちに自然に言葉の能力も発達しますね?

確かに、自分が知っている単語の数が増えれば、それだけ会話の中で使える単語が増えるわけですし、会話にも深みが増し、同じ意味の単語でもいくつも数があるわけですから、それらを上手に使い分けられるようになると、ネイティブの話す英語に近づいていけるのでは…と思います。

文法の勉強は必要?

文法は面倒くさいから、覚えなくてもよい。と考える方もいらっしゃる方も多いと思いますが、やはり文法もある程度必要なようです。 会話では、単語を言えれば、なんとなく伝えられるかもしれませんが、もし、本当に英語を話せるようにしたいのであれば、文法の学習も必要なようです。

英語に自分を慣らしていくには…?

英語を勉強していくうちに、英語を使ってみたいと思うようになると思います。 前述した「アウトプット」ですね! 日本にいるとあまり英語を使う機会がありませんが、普段の生活の中で英語を使うことが出来るような簡単な方法を調べてみました。 みなさまの日常のヒントに取り入れてみてはいかがでしょうか?